自動車整備工10年のベテランが車を高く売るための情報をまとめています。

比べてみた!!買い取り業者別傾向と対策・・・オークション代行業者編

82b58a2d432ffad32e716c6c02debb51_s

いよいよこのシリーズも最後を迎えました。今回はちょっとハードルが高くて皆さんには馴染みがないかもしれませんが、オークションを代行してくれる業者を利用しての車の売却について述べていきます。

【そもそもオークションってどういう仕組みなのか?】

車業界にとっての中央卸売市場のような場所がここで言うオークション会場で、全国に約140ヶ所ほど点在しています。中には1日に1万台以上出品されるマンモス会場もあり、多くの車業界従事者が直接来場したり、専用端末を利用して出品、落札をしています。魚卸ろし市場よろしく車業界に属している審査を通過し保証料や入会金を納めた業者だけが入場でき、一般の方が実情を知ることはなかなか難しいでしょう。イメージとして近いのはサラブレットの子馬のセリに近い(それもあまり見ないですけど)物で次々に提示される車のデータやあらかじめ下見した評価に従い、値段をつけ最も高額をつけた業者が落札成功となります。よって優良な商品を確実に手に入れるためには、潤沢な資金と、参加した業者の目利きの能力が重要な要素になります。

【素人が安易に手を出すのは危険です】

最近ではヤフオクやモバオク等に不要品を出品してい利益を得ているかたも多く、オークションへの抵抗感もどんどん薄れているはずです。しかし前述した通り熟練した業界人ですら目利きをしくじってしまうこともある専門性の高い車のオークション代行に安直な考えで飛び付くのはまだ少々リスクが高いといえます。当然取り扱う商品が高額であり、残念なことではありますが中には悪質な代行業者、悪意はなくとも未熟な代行業者が存在するのも事実です。ですから筆者の基本的な意見としてはソコソコ値の張る手数料を請求してきますが「大規模業者が1オプションとして提供しているオークション代行サービスを利用する」方が無難だと思います。安い手数料を掲げ集客を試みていて、オフィスも机とパソコンのみで個人で経営してマス!だから余計なコストがかからずお安い利用料でやっていけマス!的な業者は一度眉に唾をつけてネットでの評判を調べたり慎重に判断してください。すべてがブラックとは言いませんが・・・まず整備ピットが無く当然車検も板金も修理も外注、自動車保険の代行すらせず、オークション代行専門にしているのにそれなりの手数料を取らないと商売にならないので無理です。絶対やっていけマセン!!

【そんなに危なっかしいのにメリットはあるの?】

気になるのはどんな場合なら一般の方がオークション代行を使うメリットが生じるかと言うところですよね。それは一般の買い取り市場では評価のつきにくい改造車や奇抜なカラーの特別車オーディオや音響に費用を費やした車等、オーナーがお金をかけてこだわったのに買い取り金額に満足を得られなかったケースで、同じ趣味趣向を持った方がこれまた自分のこだわりにあった車をなんとか見つけたいと購入のためにオークション代行を利用しているとき、市場では考えられない高額で落札されることが多い点でしょう。もちろんスタンダードな車でも落札価格をしっかりと自分の目で確かめることが可能なので、若干透明度の低い買い取り価格相場に悩まされず、愛車を悔いなく手放すことができるでしょう。

【具体的に安心な業者を教えて?】

不確定要素が多いのでこれはという業者をおすすめしづらいのですが、比較的リスクも少なく安心して代行を任せられる業者を最後にちょっとだけ紹介してみましょう。
①カーコンビニ倶楽部福岡 Q-BIG 代行手数料54000円は少々高めですが初回の出品手数料はとらないシステム(2回目以降は15000円別途)なので初回での落札が見込める売れ筋人気車種なら狙い目です。
②ラビットUSS傘下) まあ大手オークション運営会社のグループ企業なので当たり前ですがこちらも安心です。
③コスモ石油ビークル・オークション コスモ石油販売(株)運営のコスモ石油直営スタンドであればかなり信頼度は高くなります。手数料も高いですけど。

【まとめ】

オークション代行は購入にしろ売却にしろユーザー側の業者の見極めや慎重なリサーチが必要です。しかしメリットも、大きいので1度は利用してみたくなっても仕方ありません。最近ではルールや法整備、代行業者のコンプライアンス管理等も少しずつ進んできているようなので少しはハードルも下がってくるのかもしれません。

関連記事