自動車整備工10年のベテランが車を高く売るための情報をまとめています。

プロが教える中古車選びのポイント・・・店舗、スタッフ編その2

7221c8b36d8c524c28fc851aa01aeca6_s

前回に続いてその2では注目すべき中古車店の設備や運営スタイルについて説明したいと思います。

【街中の看板を見て中古車店を決めているかたも多いはずですよね?】

良く中古車店の安心感や健全な経営を訴える宣伝文句として「自社認証工場で納車前整備をするので安心です!」とか「地域一番の施設が自慢の指定工場を完備」等とでかでかと看板に記載しているのを目にします。一般の方は認証工場と言われたら「ああちゃんとしたお店なんだなあ」と漠然と感じることでしょう。間違いではないのですが、ここで知っておいてほしいのはこの「認定工場」と「指定工場」違いが歴然としているという事実です。

【認証工場ってそもそもなにさ】

ここで言う認証工場とは、国家資格を有する整備士の所属や様々な必要設備などの運輸局が定めた基準をクリアーした工場の事で、ドライバーの命を預かる大切なブレーキの分解整備などをすることを許可されています。ゆえに一定のレベル以上の整備技術を有している証明でもあり、消費者に向けてのアピール材料となり得ます。その分人件費と設備投資にかかる資金を費やしているので減価償却にかかるコスト管理のため、在庫車の価格は小規模店舗に比べ割高感を受けるかもしれません。しかし安心、安全な中古車を選ぶときには判断材料としても問題ないと思います。

【自社で車検をすべて完結できる強みと信頼性】

一方、指定工場は前述した認証工場以上の設備と人員を求められ、更に車検を執り行う検査ラインと通検士の所属が求められる一般的には「民間車検場」と呼ばれるもので、豊富な資金力と整備実績を持つ業者でないと維持が困難だと思われます。それゆえ信頼感は絶大で高品質な車と行き届いたアフターサービスを求める方にはおすすめする中古車販売会社の肩書きです。また、認証工場との一番の相違点は、自社車検によって地元陸運局の車検場に持ち込み車検をする他社が顧客に請求せざるを得ない「車検代行料」等の諸費用(中古車販売業界の拭いきれない不透明感の元凶だと私は考えています)を大幅に削除できる事でしょう。また、継続車検での安定した利益確保や、データ管理による顧客の囲いこみにも役立つため、当然自社の中古車価格にも反映してきます。

【認定、指定工場を持たない店はダメなの?】

いえあくまでも安心感や信頼性のいち判断要素として役立つと言う意味での紹介でしたが、もちろんそれ以外の中古車店の中にも優良店はたくさんあります。主なチェックポイントを挙げていくと、
1、「諸費用」またまた登場しました。とにかく店頭価格を安く設定して集客をはかり、・・代行料とか・・整備費とかなんやらかんやら上乗せして売り抜いてしまう業者が多すぎる!乗りだし総額・・万円と正直に明記している業者を個人的には薦めます。
2、「整備記録簿」こちらも以前チラッと述べましたが中古車の通知表のようなものです。キッチリ記入されていれば転売時のプラス要素にもなり得るので重要です。
3、「ローン金利と手数料」あまり皆さんご存じではないでしょうが中古車業者は提携したローン会社から利用金額に応じて<ローンバック>と呼ばれるマージンを受け取っていてこれがかなりの収入源となっています。そこで必ず自社提携先の信販系ローンを当たり前に提示してさくさく手続きし始めます。高すぎる金利の場合は注意しましょう。
4、「専門店」同一車種ばかりを扱っていたり、軽自動車専門にしている業者も増えてきました。専門性が高いということはその車種に対する知識や整備ノウハウが豊富で優秀な車両を仕入れている可能性が高くなります。ある程度購入車種を絞っているユーザーさんにはもってこいの中古車屋かもしれません。

【まとめ】

やはりいい中古車店にはよい中古車が集まるものです。100円のキャベツを買うときでもしっかり産地や身の詰まり方まで吟味するように、ましてや高額な買い物である車選びです。じっくりと店構えからスタッフまで目を凝らしてチェックしてください。

関連記事