自動車整備工10年のベテランが車を高く売るための情報をまとめています。

高価買い取りを狙える車選び・・・トヨタ編その1

今回からは実際に高価買い取り車ランキングに登場する車をディーラー別に紹介していきます。まずは、日本を、いや世界を代表するトップメーカー<TOYOTA>からスタートです!

【TOYOTA車が選ばれる理由とは?】

シンプルに乗りやすく、環境にも優しい車を発表してきたトヨタは<もっとよくしよう>をコンセプトにしています。その言葉通りにより良い車を作ろうとする努力や、技術の進歩を止めることを知りません。ドライバーや同乗者のニーズに
応えていることはもちろんですが、買い取りが高くなる大きな理由のひとつが、一般的なガソリン車に関しては、私の様な自動車整備士経験者にとって、とにかく<整備しやすい車>である事です。トヨタ車のエンジンや足回りは良い意味でのシンプルなエンジン設計や、互換性の高いパーツを使用しているのが特徴です。その為車検時の整備やファンベルトやブレーキパット等の消耗品の交換も比較的に容易で、買い取った中古車を商品化する際のコストを押さえることができるので高価が付くわけです。加えて今回紹介するエコカーの分野ではパイオニアディーラーとして優れた車種を発表、ヒットさせています。ガソリン車に比べ比較的メンテナンス難しい、最新技術の結晶であるハイブリット車の購入後のフォロー体制においても各販売店でしっかり対応しているので安心です。

【代表する人気車種1・・・プリウス】

今やトヨタの代名詞とも言える存在にまでのし上がってきたプリウスは、1997年に製造、販売された世界初の量産型ハイブリット車です。
皆さんも当然ご存じでしょうが一番の売りはその燃費の高さです。リッター当たり従来車の二倍以上とも言われる走行距離を実現している理由は、すごく簡単に言うとガソリン走行中に充電された電気を利用してモーターを動かしそれを動力として走るからです。ガソリン価格が高騰を続けていた中、そのランニングコストの良さとエコカー減税などの効果も手伝って一代ムーブメントを起こした人気車ですが、特に2003年から2011年まで販売された2代目モデルは大ヒットして未だに高値で取引されています。しかし優れた性能がゆえ、エンジンや電気モーターシステムの状態を素人が把握することが難しいので、中古のプリウスを選ぶ際は後のリセールを意識して高値でもできるだけ走行距離の短いものを選ぶことをおすすめします。

【代表する人気車種2・・・アクア】

前述したプリウスとともにこちらも人気のアクア。同じく2011年に販売開始された小型ハイブリット車ですが、社用車やタクシー、通勤用の足として各企業の総務担当者やサラリーマンに支持のあるプリウスに比べ、コンパクトでスタ
イリッシュなアクアは主婦層や若い世代にヒットしました。プリウスとの大きな違いは3ナンバーのプリウスに比べ5ナンバーのアクアの方が新車購入金額や税金等の維持費が若干安いのと、街乗りでの駐車や小回り性能はアクアの方が優れている点です。また、14色に及ぶカラーバリエーションやスポーツタイプ等が用意されているのも人気の理由で新車購入後の納車が6ヶ月待ちなんて事も。その為状態の良い新古車は納車を待ちきれないオーナーさんからの需要過多で、新車価格を中古車価格が越えてしまうケースもあるのでおどろきです。ですから状態がよく適正価格帯のアクアが売りに出されている時には、ハイブリット車の購入を考えている方にとっては即買を検討しても良いぐらいです。

【まとめ】

今回は多くの指示を集めているトヨタのブランド力やハイブリット車について紹介しましたが、まだまだガソリン車の中にもおすすめの車種がたくさんあります。そちらは後日トヨタ編その2、その3で。

関連記事