自動車整備工10年のベテランが車を高く売るための情報をまとめています。

なぜ高く売れるのか・・・人気の理由に迫る!!

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

さて、今まで数々の人気車種を紹介してきましたが、ちょっとここで一休み。今回はなぜその車が高価買い取りを狙える車種なのか?という素朴な疑問に応えてみたいと思います。

【新車販売台数が多い=高額査定なのはなぜ?】

以前車種の紹介文のなかで、「新車販売台数が多いから高値で取引される」といった説明を幾度かしました。するとここで疑問が生まれます。
皆さんリサイクル店などに不要な本やCDなんかを持ち込んで買い取りを依頼したことありますよね?最近話題になったお笑い芸人の書いたベストセラーなんかはきっと高値になるだろうと期待していても、「おや??」って思うほど安値だったりします。これは<需要と供給のバランス>が影響して、多く販売された書籍などはこれまたたくさん買い取られていて、在庫の処分に困っている店側にとってさして求めている商品ではないからです。
ではなぜ車に関しては例外が発生するのでしょうか。

【たくさん売れるにはちゃんと理由がある!!】

新車販売台数が多い車種は例に漏れず売れる理由が隠されています。それは<バランスの良さ>です。最近特に注目の集まっている燃費性能や安全性能、仕様用途に合わせた設計と走行性、そして何より価格が世間の求めているクオリティーをしっかりパスした状態で高次元でバランスのとれた車が必然的にヒットし、中古車市場での評価も高くなっています。そして数が多いからといって値崩れを起こしにくいのは、同じ車種とはいえヒットした車は生産ラインの安定により、ドライバーの求めに応じ様々な限定モデルやグレード、カラーリングを提案、発売できるようになるため、業者は色々なタイプ、色々な年式の在庫を仕入れ、お客の選択肢を多く用意する必要があるからです。

【多くちまたを走っているからこそのメリットとは?】

販売実績の良い車は当然街で良く見かけます。この事により日本人特有の販売マーケティング心理が働きます。それが<皆が乗っているから安心だ!!>という心理です。中古車を選ぶ際に専門的知識のないユーザーはこの販売心理に忠実に車種を絞り混む傾向にあります。また、多く売れた車には大ヒットしたスマホ機種のカバーが多くの企業からどんどん発売されるように、その車種用の車内グッツやアルミホイール、コンポやナビといったAV機器等も充実し出します。それがなおさらその車種の魅力を引き立てていく訳です。

【買い取り業者側の都合でも高値に?】

前述してきた理由の他に買い取り業者側にもメリットがあることで高額査定に繋がっています。それは車体が多くなることでメンテナンス時に必要になる部品や消耗品のラインナップが充実してくることによる商品化コストの低下が考えられます。またすでに廃車になっている車体からの各中古パーツの入手や、リビルト品と言われる再生部品の使用が容易になるのも大量出荷された車を買い取る利点となり、高価をつけてももとがとれると判断します。

【ちょっと注意しておきたいこと】

以上のように新車発売時に良く売れた車の、中古車としての価値が高いことを述べましたが最後にひとつだけ。車が買い取りに出される1番のタイミングは3、5、7年目、つまり車検切れのタイミングでの買い換えに伴う買い取りもしくは下取りです。なかでも新生活の始まりの4月に合わせた3月末が最も買い取りが多忙な時期です。できればその時期だけは避けた方が無難です。さすがにその時期に同車種が集中すると買い叩かれる恐れが出てきます。少々車検が残っていても人気車であればあるほど時期をずらしてみた方が良いと考えられます。

【まとめ】

売れまくった車に乗るステータスを感じたい意識は多くの人が持っています。そういった車は長くシリーズ化され、進化していきます。同車種を何世代にも渡りずっと乗り継いでいるヘビーユーザーもいるほどです。今後もこちらではそんな車をどんどん紹介していく所存です。

関連記事